ニキビ・吹出物を早く治したい!しつこいニキビの原因と意外な撃退法

ニキビ,吹き出物は肌トラブルの元凶です。壮絶なニキビ体験の筆者,スキンケア専門家が頑固なニキビが治るコツを教えます。

ごつごつニキビで肌ボロボロ

10代ならともかく、いい大人なのにゴツゴツニキビが出てくる。

しかも、洗ってもとれない、なぜか 頑固になる・・・。

今迄と同じスキンケアを使ってるし、脂っぽいものばかり食べてるわけじゃない、

いったい、何が原因でこうなる?

 

私自身、10年ほどニキビに悩み、ニキビと戦い続け 肌がボロボロになってしまいました、私事についてですが、よかったら参考に読んでくださいね。

私は 10代の頃は青春らしいニキビがオデコにたまに出ていました。

これは、身体が変化していっているからで、しょうがないことなんだ と思って、殺菌力の高い洗顔石けんで洗ったりしていました。

10代を過ぎても たまににポツリ と出来るので、自分はできやすいんだ 脂っぽい肌なんだ と思っていました。

そうこうしているうちに 20歳半ば過ぎから こめかみや ほほ、アゴ下やフェイスラインなど ゴボゴボ出来るようになったんです。

なんやこりゃ。

私はどちらかというとお肉が食べられなくて

(最近は克服しました)

お野菜・豆類大好き人間でした。

そして、これは身体にもいいことなんだ!と思っていました。

脂っぽいものは食べないけど、顔には脂が多くて、詰まってる だから ニキビが出てきてる。

と思って 薬局・お化粧品屋さん、酵素洗顔、毛穴洗顔、自然派・・うぐいすのフンまで・・^^; 高価な大手化粧品会社のオーダーメイドのものがいいと勧められたり ありとあらゆるものを試しました。

もちろん、2~3か所のお医者さんへも通いました。お医者さんでは ニキビを処置されて、お薬の処方をいただきました。

でも、やはり ニキビは続くよどこまでも・・だったんです。

 

ある日、実家で弟から

お姉、スキーにでも行ったん?

と言われました。 身内ならではの率直な言葉が 今となってはとても有難かったです。

ニキビと悪戦苦闘しているうちに 目の周りだけ普通の皮膚で 他の部分は赤く炎症していたようです。

ホテリやピリつきもあったのを覚えています。

頬から下の赤い部分は 長い間の間違ったスキンケアで色素沈着状態にもなっていて、50代くらいでやっと落ち着いてきました。(美白ケアでは改善には至りませんでした)

ニキビの対処を間違うと、とんでもないことになってしまいます。

もちろん、顔の赤みだけでなく 毛穴やニキビ跡も酷い状態でした。

化粧品会社のお仕事で お肌の手入れの練習時には 相手の方から 「男みたいな毛穴してる」 と言われていました。

ニキビは しつこく、やっかいなもので ニキビが去った跡もボロボロです。

間違ったスキンケアで取り返しのつかない状態にしないよう 気をつけてくださいね。

 

ニキビの原因はいったい何?

ニキビは 今までなにもない肌に 急にモッコリ出てきます。

だから、到底、そこだけ汚れや皮脂が溜まって 毛穴が詰まっていたような状態ではありません。

通常、ニキビは ホルモンバランスを崩し、出てきやすくなります。

女性でいうと生理前は出てきやすいですね。

 

バランスを崩す というのは 女性ホルモンと男性ホルモンのバランスです。

ブツが出るときは 男性ホルモンの方が優位にあります。

そして、男性ホルモンは皮脂の分泌を促します、また、角質を増やして 毛穴をふさぎやすくしてしまいます。

このため、皮脂が多く出て、角質が毛穴をふさぎ ニキビになってくることになります。

👍予防は、男性ホルモンが優位にならないようにしたらいいということ。

そのためには?

ホルモンバランスが乱れるのは、交感神経(緊張)と副交感神経(リラックス)のバランスが崩れて、交感神経が優位に立った時です。

いつも緊張している状態が続くと 又、ストレスの高い状態が続くと 男性ホルモンが優位に立ってブツ出現!ということになります。

オンオフを上手に切り替えて、男性ホルモン優位にならないようにしましょう。

でも、自分では緊張が続いていると思っていなくても 性格的な面や日常の生活面・お仕事での疲れ等、ストレスに感じやすい状況が常態化していると いつもバランスを崩しやすく、ブツができやすいといえます。

 

もちろん、脂っぽいのに洗顔をしない事が続くと毛穴が詰まりやすく、ザラザラしてくることはあります。

後にわかったことですが、私個人については 性格的なことや生活環境から いつも緊張しやすく、自律神経のバランスが乱れやすいようでした💦

よくフラフラめまいもしています(^^;

 

ニキビを早く治す方法は?

ニキビを早く治すポイントは洗顔方法・メンタルに気をつけることです。

ニキビは居座ると大きくなって、ニキビ跡も酷く残りやすいです。

できるだけ、できないように気をつけて、できてしまったら早く引かせるようにしましょう。

お手入れ方法

ニキビの固くなった皮膚を柔らかくして、中に溜まった皮脂が出やすくする というお手入れを良く耳にします。

角質を取るのに人気の酵素やスクラブ洗顔は 肌の表面をはがし、ニキビ洗顔に使用するとニキビが小さくなったような気がして 魅力的です。

しなしながら、角質層が傷ついたり、薄くなりやすいので 肌がくすみやすくなり、敏感肌になりやすくなります。

それでもニキビが小さくなる方がいい!と思うかもわかりません。

実際私もニキビさえ消えてくれたら・・と思いながらコスメを使っていました。

でも、肌が傷つきやすい状態になるとニキビが外からの刺激にさらされやすく、小さくなったとしても治りがわるくなります。

何でこんなに小さくなってるのに、治らないの・・・? と思って悩んでいました。

使用する際は 10日や2週間に一度くらいにした方がよいです。

また、ニキビの中のものを出すと、毛穴が大きくなりやすく、陥没跡ができやすいのでおススメしません。

(クレーターを治すのは大変なことです)

逆に肌の内側から引いていくように、刺激しないようにやさしく洗顔して、刺激のない化粧水・クリームで 通常と同じように保湿しましょう。

えっ!? それって ニキビの手入れになってるの?

と思いますよね^^

ニキビは刺激を与えることが一番よくないことです。

ニキビをゴシゴシ洗ったり、乾燥させたりすると 外からの刺激を受けやすくなり、ニキビは固く頑固になって なかなかひいてくれません。

刺激された赤い噴火しそうな状態は シミの原因にもなります。

大切なメンタル

また、内面から刺激を与えないことも大切です。

内面からの刺激って何? よくわからんよ・・・  だとと思います。

いつも鏡をみたり、 ちょっと小さくなったかなー  って何となく触れてみたり・・ 気にすることです。

これは 厳禁です。

もう諦めたつもりで リラックスしましょう♪

そうすると 盛り上がっていたニキビも いつのまにか引いてくれますよ。

保湿には EGFなどの成長因子の入っているもので保湿するとなお早く落ち着いてくれます。

何か・・嘘みたい・・と思われるかもわかりません。

ニキビでイライラしたり、アレコレ頑張っているうちは 本当にニキビとの闘いのようになります。

(ニキビのストレスでホルモンバランスを崩し、また、ニキビの元を作ってしまうということになります)

是非、お試しください。

何をしてもうまくいかなくて頑固ニキビが続いている方、ニキビやザラザラを作りたくない方は 肌バランスを整え、ニキビ跡も改善する、フロリアビューティをご参考ください。

ブツブツが出ずキレイになったと好評いただきます。

豊富な成長因子を含む美容成分が、洗いながら 肌バランスを整え、ブツを改善、ツルツルに、赤み・毛穴も整えます。

何でもお気軽にご相談ください🍃

今すぐ、やっかいな頑固ニキビとお別れしましょう。

 

肌がザラザラし出した時は 顔のザラザラを取る方法 >

関連記事