顔のたるみ,原因は姿勢?やらないと損!改善して今すぐスッキリ

顔のたるみの原因は 姿勢も大きく関係します。姿勢を改善して今すぐ若々しさを手に入れましょう。

姿勢がわるいと顔もたるむの?

筋肉のゆるみから顔のたるみへ

家での仕事が増えてきたり、部屋の中で過ごす時間が長くなると ダラー~ っと ついつい楽な姿勢になってしまいますね^^

筋肉が緩むと = 筋肉を使わない と それに伴って皮膚も タラーン と緩みやすくなります。

 

皮膚に密着している筋肉は皮膚を支えてくれているため、筋肉が低下すると皮膚のハリも低下して 肌がゆるみやすくなります。

姿勢のゆがみから顔のたるみへ

姿勢が悪いと 身体がゆがむことになります。

すると骨や内臓の位置がずれて 血液やリンパのめぐりが悪くなります。

バランスのわるい、無理な姿勢を取ることで 変に筋肉を使ってしまい、凝りが生じやすくなります。

凝りが生じると より血液やリンパの流れがわるくなり 冷えや代謝低下の原因になります。

 

美容面で 顔の場合は 顔の老廃物がたまって 顔や首が大きくなってムクミ顔になりやすいのです。

本当の自分ではないのに、老けてみられることになって なんだかくやしいですね。

顔のたるみを改善できる姿勢のポイントとは

正しい姿勢を保つことは 耳・肩・骨盤・くるぶし が 一直線上に並んでいることと言われています。

いつも前かがみになっている人には、 きついわ~ って言いたくなりますね。

 

デスクワークをする時は 特に難しいです。

腰の位置に気をつけて 顔は 少しアゴを上に上げると 耳の位置が前に出なくてすみます。

長時間デスクワークを要する方は 腰の負担のためにも 椅子や座り方を改善できるグッズを選ぶことも大切になります。

そして何より 一時間に一回ほどは トイレ休憩などをとって 血流やリンパが良く流れるように、軽いストレッチなどをして 全身の流れを良くしてください。

首回りを軽くなでたり、鎖骨の下からワキ方向に流したりすると なおいいです。

ちょっとしたことで 美容と健康の改善に役立ちますよ。

目のたるみには・・・

目の周囲は 目が骨のくぼみの中にあるので筋肉がなく、オブラートのような薄い皮膚が上から張り付いた状態です。

残念ながら 筋肉を鍛えるということはできません。

 

私も50代の頃は目のストレッチでなんとかしよう!

・・・と頑張りましたが 目はダメでした・・トホホです。

が、目を左右上下になど 動かすストレッチをすると目を支える筋肉を若干ですが鍛えることができます。

また、年齢とともに肌機能が低下して、また、顔や肩・首のコリなどから 目の周りも老廃物が溜まりやすくなり、ムクミが生じやすくなります。

目のムクミは姿勢を気をつけることで 全体の老廃物が流れやすくなることで多少は改善できます。

眼球を動かしたり、姿勢に気をつけて身体全体の循環をよくすることで 目も老廃物を流して酷いたるみを防ぐ効果はあります。

 

クリームなどをつける際、 2、3回ほど軽く目の下を目じりから目頭へと ゆっくり老廃物を流すことも効果的です。

皮膚をこすりすぎると皮膚にダメージを与えてしまい かえってたるみやすくなることがあるので要注意です⚠

回数は守ってやさしくこすらないタッチで行ってくださいね。

しないよりはした方が断然いいです👍

 

姿勢を気をつけて改善しても 顔のハリが消失して 皮膚がゲッソリたるんできた方は フロリアビューティ をご参考ください。

根本的な老化の改善にアプローチ、肌のコラーゲン・エラスチン等の立て直し、ふっくら引き締まった肌にしてくれます。

70代の方も見違えるほどにハリが出て、リフトアップされています。

こっそり使いたいたくなるスキンケアです㊙

若返りふっくらクリームーソワンプレシュー

ハリを消失してたるむ方は  タルミふっくら改善方法

 

関連記事